イヤホン レビュー解説

【中華イヤホン】Whizzer A15をレビュー!

whizzera15

みなさん、こんにちは。イヤホン大好きまついちです。

今回は、Whizzer A15をレビューします。

【中華イヤホン】Whizzer A15をレビュー!

Whizzer A15は、中華イヤホンの中でも人気なイヤホンで、

気になっている方も多いのではないかと思います。

それでは、いきましょう。

正直、僕は飽きました。

結論から言うと、

三ヶ月くらい聴いて飽きて売ってしまいました。

というのも、自分にはしっくりこなかったし、

他のイヤホンで代用できそうな部分が多かったからです。

下記で詳しく説明します。

良いところ

  • 低高音ともに迫力あり(ドンシャリ)
  • リケーブルで遊べる(MMCX)
  • アクセサリーが豊富

ざっとこんな感じです。

まず、音質ですが、値段相応、もしくはそれ以上に良いです。

ドンシャリ傾向で、僕は好みでした。

迫力重視の方や、ノリノリになりたい方はオススメです。

特に、女性アーティストや、EDMとは相性がよかったです。

次に、このイヤホンはリケーブル対応です。(MMCX)

純正のケーブルの取り回しが気にならない方や、音の変化を楽しみたい方にオススメです。

僕は、litz wireケーブルに変えたところ、高音の伸びが増し、より楽しく聴けました。

そして、付属品がとても豊富です。

イヤーピースが16個もついてきます。しかも、ケース(?)がおしゃれ。

また。耳垢フィルター等もあり、清潔に保てます。

悪いところ

  • 装着感が悪い
  • 聴き疲れる
  • 音漏れ最強

主にこの3つです。

装着感に関してですが、人によると思いますが、

僕の場合、耳にしっくりきませんでした。

ケーブルの接合付近が少し異様な形をしているため、合わなかったです。

また、筐体が素材の影響で冷たく重かったのも残念ポイントです。

次に、先ほど、高音に迫力ありと、

書いたばかりなのですが、刺さりが出る時もありました。

また音の繊細さには、欠けます。

よって、聴き疲れてしまう場合が結構あります。

そして、最後に一番気になった音漏れです。

これは最悪でしたね( ̄ー ̄ )

大した、音量だしていなくても、まぁ外に聞こえます。

図書館や電車など公共の場で使用するのは絶対にやめてください。

一人で音楽を楽しむ際に利用しましょう。

おわりに

以上、Whizzer A15について、レビュー解説しました。

音質よし、コスパも良し、ですが音漏れには注意しましょう。

商品リンクはこちら↓

このレビューを、参考にしていただける方がいれば、幸いです。

ここまで、読んでくださりありがとうございます。

何か、コメント等ございましたら、気軽にどうぞ。それでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

matsuichi

現役大学3年生。イヤホンを中心に、ガジェット系の記事を量産中。独特の個性と観点から読者を楽しませる記事作成をしています。

-イヤホン, レビュー解説
-