イヤホン

【驚異の5BA】ROSE BR-5 MK2をレビュー!【中華イヤホン】

【驚異の5BA】ROSE BR-5 MK2をレビュー!【中華イヤホン】
まついち

みなさん、こんにちは。イヤホン大好きまついちです。

今回は「【驚異の5BA】ROSE BR-5 MK2をレビュー!【中華イヤホン】」という内容でお送りします。

【驚異の5BA】ROSE BR-5 MK2をレビュー!【中華イヤホン】

みなさんは、「ROSE」という中華イヤホンメーカーを知っているでしょうか?

かなりイヤホン通な方はご存知かと思います。

僕自身、e☆イヤホンでばったりと遭遇するまで存在すら知りませんでした。

そう考えると運命的な出会いをしたイヤホンだなと思います笑

それでは、詳しい解説、レビューをしていきたいと思います。

ROSE BR-5 MK2の外観

では、早速、外観から見ていきましょう。

ROSE BR-5 MK2の外観

ROSE BR-5 MK2の外箱

大きさ20平方cmくらいの白い箱に梱包されており、中央にはbr5mk2がプリントされています。

プリントされているbr5mk2は中に入っている本体の色とは関係ないようです。

箱はスライド式で上下にスライドすると、お弁当箱みたいなものが現れます。

このお弁当箱みたいなものをぱかっと開けると、いよいよ本体が現れる…かと思いきいや、一枚、紙を挟んでいます笑

この紙をペラっとめくると、いよいよ本体とご対面です。

ROSE BR-5 MK2の外箱
紙をめくるとこんな感じ

ROSE BR-5 MK2の本体

それでは、本体を見ていきましょう。

フェイスプレートに赤茶色に木目調のようなデザインが施されています。

手触りもつるつるで気持ちがいいです。

カラーバリエーションも赤、緑、青と三色ありますので、自分の好みのものを選ぶと良いでしょう。

筺体は透明になっていて、中のドライバーや構成を見ることができます。

まついち

この、スケルトンなデザインは男心くすぐること間違いなしです笑

そして、この特徴的な筺体はアジア人24人の3Dデータをもとに作成されているそうです。

実際に装着してみましたが、確かに違和感なく、IEMのように装着することができ、遮音性は抜群です。

そして、肝心のドライバー構成ですが、なんとBA5基です。

参考記事バランスド・アーマチュア(BA)型とダイナミック型の違い【イヤホン】

今回はイヤホンの「バランスド・アーマチュア(BA)型とダイナミック型の違い」について解説していきます。 詳しい原理や説明については、理解したところで、あまり意味がないので飛ばします。 本当に簡潔にお伝 ...

続きを見る

ここまでBAを積んでいるわけですから、それはとてつもない音になります。後の音質の項目で書いていきます。

OSE BR-5 MK2の本体

ROSE BR-5 MK2の付属品

それでは、次に付属品を見ていきましょう。

付属品は

  • イヤーピース
  • オーディオ変換プラグ
  • イヤホンケース

ざっと、こんな感じです。

イヤーピースは③種類(形状記憶できるイヤーピース、口径が広いイヤーピース2サイズ、ダブルフランジ型のイヤーピース)8つ付属しています。

個人的に一番好きなのが、イヤホンケースです。

透明なケースなのですが、しっかりとしています。

ケース内にはスポンジが施されており、イヤホンをしっかりと守ってくれます。

ROSE BR-5 MK2の音質

それでは、次に音質について述べていきます。

「high(高域)」、「mid(中域)」、「low(低域)」について感想を述べたあと、最後にまとめという形で書いていきます。

high

まずはhighからです。

5BAという爆発的なドライバーを積んでいるのでそれはそれは最高な高音を鳴らしてくれます。

おそらく、想定している以上に素晴らしい高音であると思います。

初めて視聴した際、脳内に鮮烈なインパクトを与えてくれたことを今でも覚えています。

ハッと目を覚ましてくれるような鮮烈な音楽体験はそうそう他のイヤホンでは経験できる音ではないです。

と、ここまで抽象的に書いてきたので、具体的に説明します。

高音は中域や低域より頭一つ抜けていて、一番強く聴くことができます。

キラキラ系の音や女性特有のヴォーカルの高域を最大限に気持ちよく聴くことができます。

音量を上げると、少し刺さる感じがありますが、音量調節やEQを通すことである程度は融通が聴きます。

深い所までよく聞くと裏でなるシンセや電子音など、表現がとても上手いです。

POP系の曲調ととても相性がよく、まさに聞いていて楽しいといった感じです。

これもBAドライバーを5基積んでいることや、中華の本気を見せられているような気がします笑

mid

次にmidです。

最初に言っておくと、midも最高です。

highと重なる部分がありますが、ボーカルの息遣いや音楽全体の空気感が上手く表現されています。

まついち

例えるなら、highとmidが織りなすミルフィーユといったところでしょうか笑

2つの音域が最高にマッチし、中華イヤホンのポテンシャルを存分に感じることができます。

この音楽表現は好き嫌い分かれそうですが、僕は好きです。

ある意味、刺激的な音ですので、派手さをも求めない方のはオススメできないです。

low

次にlowです。

BAドライバしか積んでいないですし、これだけhighやmidが凄いと、lowはイマイチなのでは?と思いますが、そんなことはありませんでした笑

highやmidに埋もれることなくlowも確かに存在します。

流石にhighやmidほどの特徴はありませんが、バランスを保つという意味ではいい仕事をしています。

自分的にはこれぐらいの低音の量感のほうが気持ちいいのでとても好きです。

体の奥底に沈み込むかのような低音ではありませんが、体に触れ弾けるかのような低音ではあります。

まとめ

ここまで、high,mid,lowと感想を述べてきたので、最後に総評といった感じでまとめていきたいと思います。

このイヤホンは派手さ、刺激を求めたい方にはピッタリだと思います。

新しい音が好きな方や聴いていてビビっとくるようなユーザー体験を求めている方も是非どうぞ笑

しかし、やっぱり“中華感”があることを否めません。

ナチュラルな音ではなく、装飾、飾った音がします。

確かに聴いていてとても楽しいイヤホンなのですが、音源をナチュラルに楽しみたい方やリラックスしたい方には向かないかもしれません。

ドンシャリ傾向が好きな方は大丈夫だと思います。

もし、心配なようでしたら、僕のYouTubeを見たり、店舗で視聴したりすることをオススメします。

終わりに

参考記事【メーカー別】イヤホン記事まとめ【徹底比較】

本記事は、過去に僕が紹介してきたイヤホンの記事をまとめたものとなっております。 メーカー別に振り分けて、見やすいようにしました。 どうぞ、ごゆっくりご覧ください。 目次1 【メーカー別】イヤホン記事ま ...

続きを見る

いかがでしたでしょうか。

本日は「【驚異の5BA】ROSE BR-5 MK2をレビュー!【中華イヤホン】」という内容でお送りしました。

ここまで、読んでいただきありがとうございます。

中華イヤホンは中華イヤホンでも、価格はしっかりしています。

その分、他の中華メーカーと比べると、音作りはきちんとしている印象です。

qdcやumなどにも負けていないでしょ。

僕のブログでは他にも様々な情報を発信しておりますのでぜひご覧ください。

それではっ♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

matsuichi

現役大学3年生。イヤホンを中心に、ガジェット系の記事を量産中。独特の個性と観点から読者を楽しませる記事作成をしています。

-イヤホン
-, ,