その他イヤホン関連 イヤホン

【易解説】イヤホンにおけるDAC、DAPは魔法のアイテム。【音質向上】

イヤホンにおけるDAC、DAPは魔法のアイテム。

みなさん、こんにちは。イヤホン大好きまついちです。

今回は、イヤホンで音楽を聴くにあたり、

DACやDAPとはなにか、ざっくり解説します。

DAC、DAPをわかりやすく解説

結論から言うと、DACもDAPも音質をあげる役割を果たす機械です。

DACとは、Digital to Analog Converterの略で、簡単に言うと

音楽データを音楽を聴くための信号に変換する部分です。

DACには、内蔵外付けの二種類があります。

内蔵のDACは、DAP(デジタルオーディオプレイヤー)の心臓部分にあたります。

これは、実用性はないです。

外付けのDACは、僕は、アンプとして考えています。

というのも、DAP(デジタルオーディオプレイヤー)に接続し使うのは、外付けのDACだからです。

mojo等を想像していただけると、分かりやすいでしょうか。

わからない人はmojoで検索してみてください。

DAPとは、Digital Audio Playerの略で、簡単に言うと

音楽を聴くプレイヤーです。ウォークマン等が、それに当たります。

これは、比較的簡単に理解してもらえると思います。

これらを使えば音質も変わる

DACやDAPを使用すると、それに伴い、音質も変わります。

例えば i Phoneから、ウォークマン等の音楽プレイヤーに変えた時って、音質あがりますよね。

イヤホンによっては、

DACやDAPを変えて初めて実力を発揮するものもたくさんあります。

もちろん、イヤホンとの相性もあるので、

一概に、これがいい!といった物はありません。

印象としては、DAPの方が音質が変わりやすい傾向があるように思えます。

音質の変化が大きい順に並べると、

イヤホン > DAP > DAC ≈ リケーブル

です。

音質をよりよくしたいのなら、まずはイヤホンを買い、

その後に、そのイヤホンの力を最大限発揮させるためのDAP。

それでも、より音質向上を目指すのなら、

外付けのDACやリケーブルをしてみることをオススメします。

おわりに

以上、本当にざっくりではありますが、DACとDAPについて解説しました。

良いイヤホンをゲットしたからには、

更なる音質を求めるために、DACやDAPも揃えたいですよね。

僕もまだまだDACやDAPは未開拓なので、開拓進めて行きたいです( ̄ー ̄ )

ここまで見てくださり、ありがとうございます。

何か、コメント等ございましたら、気軽にどうぞ。それでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

matsuichi

現役大学3年生。イヤホンを中心に、ガジェット系の記事を量産中。独特の個性と観点から読者を楽しませる記事作成をしています。

-その他イヤホン関連, イヤホン
-