Campfire Audio イヤホン

【派手音ぐらいが丁度良い】Campfire Audio POLARIS IIをレビュー!

【派手音ぐらいが丁度良い】Campfire Audio POLARIS IIをレビュー!

みなさん、こんにちは。まついちです。

今回は「【派手音ぐらいが丁度良い】Campfire Audio POLARIS IIをレビュー!」という内容でお送りします。

【派手音ぐらいが丁度良い】Campfire Audio POLARIS IIをレビュー!

久しぶりのイヤホンレビューです!

最近はイヤホンに対する熱も冷めてきて少し落ち着いてきたのですが、小さい頃の憧れでやはりこのイヤホンが欲しくなり購入してしまいました。

それが、Campfire AudioのPOLARIS IIです。発売自体は数年前で後継種のmammothも既に発売されています。

しかし、この鮮明な青で包まれた筐体とインパクトのある音が特徴的で、いまだに根強い人気を持っているイヤホンでしょう。市場に出回る数も少なくなってきているので持っている人はレアですね笑

ということで早速詳しくレビューしていきたいと思います!

Campfire Audio POLARIS IIの外観や付属品

まずは、外観や付属品をみていきたいと思います。

こちらが外箱です。

Campfire Audio POLARIS IIの外観や付属品

Campfire Audioお馴染みのデザインの外箱で、独特の世界観を醸し出しています。

外箱はシールで留められていて、それを剥がすと箱が現れます。なんだか、マトリョーシカみたいです笑

箱を開封すると付属品が丁寧に梱包されています。

付属品が丁寧に梱包

では、一つずつ確認していきましょう。

POLARIS IIの付属品紹介

まずはじめに紹介するのはレザーケースです。

Campfire Audioおなじみのケースです。私はこのケースをイヤホン界の中でもトップレベルのケースだと評しています。

サイズも大きすぎず中はモコモコで覆われているためイヤホンに傷がつく心配もありません。

高級感もあり日常使いをしていても存在感を放つアイテムになっています。

意外とイヤホンのケースに注目してみるとブランドごとに特徴が表れているので面白いような気がします。

次にイヤーピースを見ていきましょう。

実は、付属イヤーピースがとても豊富なのもCampfire Audioの特徴です。

画像を見てお分かりいただける通り、finalのイヤーピースも付属します。

どのイヤーピースを選択しても筐体とマッチするので、この中から自分に合うものを選択することも可能です。メッシュでできたケースも収納にもってこいですね。

あとは、おまけ程度にバッジが付いています。

イヤホン本体の外観や音質

それではイヤホン本体の外観を見ていきましょう。

角ばったデザインで青く光り輝いています。その分、塗装ハゲもしやすく、僕のPOLARIS IIは既に傷がついてしまっています。

今は、筐体を保護するケースも発売されていますし、傷をつけたくない方はそちらを購入しましょう笑

よくみると、ベントのような穴があります。音の抜けを良くするために設けているのでしょう。ベントがありますが、特に音漏れはないので安心してください。

デザインに関しては完全に好き嫌いが分かれると思います。僕は非常にかっこいいと思いますし、このデザインこそがCAの良さだと思っています。また特異なデザインをしていますが付け心地は極めて良く耳にフィットします。

イヤホン本体の外観や音質

端子はMMCXでケーブルはグレーっぽい色をしています。昔は白銀のような色をしていましたが、モデルチェンジにより色が変わりました。色が変わっただけで音に変化はなさそうです。

取り回しも非常に良くタッチノイズも少ないため高評価です。リケーブルをしなくても本来の音で十分楽しめます。

ドンシャリを極めた圧倒的な音圧

続いて音質について述べていきます。ドライバー構成は DD×1,BA×1のハイブリッド型です。

特徴としては

  • 低音の迫力が強くドンシャリ傾向
  • 音域は普通よりやや広め
  • キラキラ感が強めだがヴォーカルも埋もれない

抽象的ですがざっとこんな感じです。

とにかくCAの同系統のイヤホンの中では低音の強さが特徴に現れているかと思います。

低音の厚みはまるでスピーカーの近くで感じることのできる振動のようです。

音域は普通より少し広いかなといった感じです。ANDROMEDAのような空間表現は流石にできませんが、言い方を変えればまとまりがあり、ピンポイントで音を楽しめることができます。

キラキラ感も強めなので、相性としてはエレクトロミュージックや現代的音楽がとてもいいかなと思います。

終わりに

いかがでしたでしょうか。今回は「【派手音ぐらいが丁度良い】Campfire Audio POLARIS IIをレビュー!」という内容でお送りしました。

発売自体は数年前に遡りますが、特徴的な音色からいまだに支持され続けられているイヤホンだということを再認識することができました。

みなさんも、店頭などで見かけた際は一度試聴してみるのをおすすめします!

当サイトでは、他にもイヤホンやガジェットに関する記事を書いていますのでぜひご覧ください。

それでは!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

matsuichi

現役大学生。イヤホンを中心に、ガジェット系の記事を量産中。独特の個性と観点から読者を楽しませる記事作成をしています。

-Campfire Audio, イヤホン
-, ,