final イヤホン

【網羅】final E series比較解説!!【E3000〜編】

みなさん、こんにちは。イヤホン大好きまついちです。

【網羅】final E series比較解説!!【E3000〜編】

今回はイヤホンブランド「final」の E seriesの中級モデル。

  • E3000
  • E4000
  • E5000

について、比較解説していきます。

参考記事→【新進気鋭】final E seriesイヤホン比較解説!【ビギナー編】

(ビギナーモデルである、E500,E1000,E2000については、上記サイトで解説しています。)

final E seriesイヤホン比較解説

さらなる音質を求めイヤホンを探している人

「もっと良い音質で音楽を聴きたい…なにか、良いイヤホンはないかな…」

こういった疑問にお答えします。

結論から言うと、

E3000→音も値段も最高

E4000→レベルの違う音を味わいたい

E5000→完璧を目指したい

です。

では、それぞれ具体的に解説して行きます。

下の目次から見たい機種のところまで飛んでいけます。

E3000

E3000

E3000はこんな人におすすめ!

  • 5000円以内で良い音質を味わいたい
  • アコースティックなどの生音が好み
  • 変な癖が一切ない

E3000のココが残念!

  • 音が小さいので、音量をあげる必要あり

最初に紹介するのがE3000です!

このイヤホンは心理学に基づいて設計されており、人間のことを考えて制作された、優しいイヤホンです。

通常、イヤホンというのは、高音に特化させると、他の音域が聴こえづらくなる。

という、厄介な性質を持っています。

しかし、このE3000は、その性質を理解し、音がフラットになるよう仕上げました。

その結果、まるでホールで音楽を聞いているかのような音質を再現することに成功しました。

この価格帯(5000円しないです。)で、こんなにも表現力のある、イヤホンは

なかなか、ないのではないでしょうか。

ぜひ一度は聴いて見たいものです。

商品リンクはコチラ↓

E4000

E4000

E4000はこんな人におすすめ!

  • リケーブルをしてみたい
  • 高い解像度で音がくっきり
  • E3000と比べるとレベチ

E4000のココが残念!

  • E3000と比べると値段が張る
  • 音漏れ注意

さあ、E4000の紹介です。

ここら辺からいよいよ本気のイヤホンとなってきます。

それに伴い少し値段も張ります。(15,000円くらい)

ただ、音質、イヤホンの質ともにグッと上がります。

音がより繊細になり、輪郭がくっきりと仕上がります。

長く使えば使うほど、この良さを味わうことができます。

加えて、MMCXリケーブル対応です。

finalのケーブルはとても優秀で、そのままでも十分に使用できますが、

万が一、断線した時や、音の変化を楽しみたい方には、うってつけではないでしょうか。

少しレベルアップしたイヤホンの世界に入り込みたいという人にはおすすめのイヤホンです。

商品リンクはコチラ↓

E5000

E5000

E5000はこんな人におすすめ!

  • 妥協を許さないイヤホンを求める方
  • ケーブルを汎用させたい方

E5000のココが残念!

  • DAPやアンプをつないで本領発揮かも

でました!E series 最高機である、E5000です!

見た目からして、高級感に包まれております。

ステンレスの筐体に、銀のケーブルが、とてもスタイリッシュです。

つけているだけで、心を満たしてくれそうなデザインですよね。

その洗練されたデザインと比例して、音の方も非常に洗練されています。

特に生音系に強く、まるで、そこで演奏しているかのような音を楽しむことができます。

自然の音、空気感というのを、とても大事にして制作されたそんなイヤホンだと思います。

ただ、それらを、大事にしているために、音圧は控えめなようです。

DAPやアンプを通すことで、さらなる音質に期待できます!

Eシリーズの頂点を目指したい方はぜひ!!

商品リンクはコチラ↓

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はfinalのE series(E3000,E4000,E5000)について、比較解説していきました。

もう一度、まとめたいと思います。

冒頭にも述べた通り、

E3000→音も値段も最高

E4000→レベルの違う音を味わいたい

E5000→完璧を目指したい

こんな感じですかね( ̄ー ̄ )

ここまで、見てくださり、ありがとうございました。

何かコメント等ございましたら、気軽にコメントください。

それでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

matsuichi

現役大学3年生。イヤホンを中心に、ガジェット系の記事を量産中。独特の個性と観点から読者を楽しませる記事作成をしています。

-final, イヤホン
-