その他イヤホン関連 イヤホン

イヤホンで耳が痛くなるのを防ぐ方法3選

みなさん、こんにちは、イヤホン大好きまついちです。

今回は「イヤホンで耳が痛くなるのを防ぐ方法3選」について話していきます。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

イヤホンで耳が痛くなるのを防ぐ方法3選

では、さっそく解決策を3つほど挙げます。

ずばり、

  • イヤーピースを変える
  • カナル型でないイヤホンにする
  • 音楽を聴くのをやめる(極論)

こんな感じです。

だいたいが、イヤーピースに原因があります。

以下で詳しく解説します。

イヤーピースを変える

まず、イヤーピースを変えてみましょう。

イヤーピースというのは、イヤホンの先端のゴムの部分のことです。

イヤーピースのサイズが大きすぎると、耳が圧迫され、

非常に不快な思いをすることになります。

イヤーピースは実は100円ショップにも売っています。

今使っているものよりも、一回り小さいサイズを購入して、

使ってみることをおすすめします。

カナル型でないイヤホンにする

次におすすめするのが、カナル型のイヤホンをやめるということです。

カナル型というのは簡単に言えば、イヤーピースがついているイヤホンのことです。

例えばiPhoneの付属品である、earpodsは、カナル型ではありません。

オープンイヤー型と呼ばれます。

オープンイヤー型のイヤホンは耳を圧迫することがないので、とても快適に音楽を楽しむことができます。

最近では、耳にかけるだけのイヤホンも販売されていますのでオススメです。

音楽を聴くのをやめる(極論)

これは極論です。

もう音楽を聴くのをやめちゃいましょう。

時間をおいてから、また聴き直しましょう。

どうしても音楽を聴かなければならないという状況でなければ、

イヤホン外しちゃいましょう。

これで、全て解決です( 一一)

終わりに

いかがでしたでしょうか。

今回は、イヤホンで耳が痛くなるのを防ぐ方法3選についてお話しました。

参考にしていただければ幸いです。

ここまで、見てくださり、ありがとうございました。

何かコメント等ございましたら気軽にどうぞ。それでは。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

matsuichi

現役大学3年生。イヤホンを中心に、ガジェット系の記事を量産中。独特の個性と観点から読者を楽しませる記事作成をしています。

-その他イヤホン関連, イヤホン
-